前者後者コミュニテイ

①視点の差

前者後者の特徴として

前者:マルチタイプ、察して動く、処理能力が比較的高い、言動に意図がある

後者:集中タイプ、天然、空気読まない、言葉をストレートに受けるし言う

・・・なんて当たりの特徴がよく言われます。

 

 

実際周りにも、わかりやすいそういうタイプがいないでしょうか。

でも「なんで」そうなんでしょう。

 

 

それを「性格」と捉えていたかもしれませんが(それも関係はしてきますが)

実はそうではないのです。

 

 

前者と後者では世界に対する基本的な認識の仕方が違うのです。

 

前者は常に全体を分散的、多方向的に認知しています。

後者は全てを自分起点で素直に認知しています。

 

図にするとこんなイメージです。

 

前者は「自分→何か」だけでなく、「何か⇔何か」「何か→自分」とさまざまな角度で状況全体を線のように観察しています。ゲーム盤を外から眺めるように、全体を客観的に捉えます

後者は全てが自分起点ですので、自然体では常に、「自分→何か」という一方向的なものの見方をしています。対象と自分が主観的に一体化するような連続的な捉え方をします。

 

どちらのタイプも、それがなんの努力もいらない基本認知スタイルで、
どちらもそこから変化させることは可能ですが、イレギュラーなので消耗することになります。

また、基本状態に向かって常に磁力が発生しているようなものなので、気を抜くとすぐに戻ります。

 

そして双方、それ以外の認知の仕方がこの世にあると思っていなかったりします。

(ちなみに、日本の前者:後者の割合は3:7~4:6で後者多数だと思われます。→FAQ

 

 

<前者の視界>


前者の脳内には、目の前のリアルな現実と並行して、

全体の状況を抽出して反映した仮想世界=ゲーム盤のようなものが、常にダブルであるイメージと言えます

 

2つの世界にずっと同時に生きているといっていいかもしれません。
(なので前者にとってはその仮想世界ももう一つのリアルです)

 

そのゲーム盤の上には「自分」という駒も入っていて、ゲームを外からプレイするように「自分を含んだ全体」を、常に多方向的に捉えています。

 

ゲームをしている以上

自分(という駒)は常に「状況全体の中の一要素」=ワンノブゼムですし、

どんなゲーム盤かはその場その場で変わったりしますので、
「ふつう」=その場その場でのルール感を常に確認して動きます。

 

 

また、ゲームですから
当然相手の手の意図を考えますし、自分も何手か先を見越して動きます。

自分の手が周囲からどういう風に受け取られるかにも気を使います。

誰がどういうことを考えて次にどう動くか、そして盤面がどう変化しそうか。

常に観察されあっているし、客観的にどう見えるかで判断される。
だからそれを意識し合って動くのが当たり前。

ゲームが続く限り、あったことはなくならないし、常にずっと影響し続けます。

前者の「大丈夫」はこの盤の上が安全に平和に滞りなく問題なく回ること・・・

 

 

やっているレベル感には大いに個人差はありますが、
そういうことを前者は呼吸レベルの当たり前にやっています。

 

しかし後者にはこの「ゲーム盤」は存在しません。(ベース状態では)

だから言動にも意図がないことがほとんどですし、相手の意図も深読みしません(ストレートに受け取る)。

 

でも前者はこれがこの世の全員に(一部の例外はいても)共通の世界観だと思っているので、そうではない人の動きに戸惑いますし、「わざとなのでは」「裏がある」と悪意を疑ったり、信じられない思いをして色んな誤解やすれ違いがおきます。

 

前者のこのゲーム盤は強制機能なので、逆に何か一点に意識を集中すること、特に自分に意識を集中させたり、自分起点に意識を持ってくることに意識的になる必要があります(エネルギーも使います)。

 

 

前者さん向けの前者さんからのわかりやすい解説もご参考ください。

(ユニバ2期生 八屋虎子)
https://ameblo.jp/thisisapen0000/entry-12418392802.html

 

 

よくある課題

前者は「ゲーム盤の上の一般心理」を大切にし尊重し合うのが得意な一方、それを現実のように錯覚して、「実際の生身の相手(ないし自分)」がどうなのか、を無視してしまうことで、現実の相手とのズレやすれ違いが起きてくることが多い傾向にあります。

 

<後者の視界>

「自分」という意識の大きなライトが、対象を照らすイメージです。
自分が認知の絶対の起点で「自分が(自分の主観世界の)常に中心」です。

 

HUNTER×HUNTERの「円」みたいな全体モードもありますが(それが得意な人もいますが)、何かに意識が向くと、そこにサーチライトのように意識が集中する傾向にあります。

そのため死角ができやすいですが、意識を向けた何かに対する情報収集力や、アタック力は非常に高い傾向にあります。

 

ただそういう認知の仕方をしているので、自然体では自分と自分以外が同時に認知できません

俯瞰もあくまで自分自身が「上」に上がるので、自分がそこに入っていませんし、
(なので後者は見えているしわかっているのに、上手く入って動けない、ということがよく起こります)

 

客観視は、自分の外に適当な「点」を置いて自分「だけ」を観察しています。

 

また、自分と意識を向けた対象を連続的につなぐような認識の仕方をするので(空間が水の中みたいに連続的)、ある意味自分以外のものも常に「自分」の延長のような感覚がどこかにあります。

 

基本的に自分自身の動機や感情と行動が直結しており、「思ったから言った」「したかったからした」がデフォルトです。意図ではなく意思や感情といった「動機」主体に動きがちです。それが強みでもありますが、後先考えない行動にもなりがちです。

 

「自分」が強く、意識しない限り周りの関係性を見ていないため、外しも多いですが、閉塞した状況の突破口になったり、場の変化や空気の入れ替えを起こすことができます。

 

 

よくある課題

「自分から見えるもの」には敏感なので、相手の感情や状態などへの感性や観察力は高いのですが、

視点や思考が一方向的なため(自分→相手)

 

自分の気持ちや事情や自分に見えることだけで走ってしまい、相手の事情や背景やタイミングを無視したり(利己的ではないが自己中)、

相手から「どう見えるか」に無頓着だったり(いわれのある誤解)

 

そのためにせっかくの気持ちが空回って、良かれと思ってやったことで、結果的にやらかすことが多いです。素直さやストレートさは美徳ですが、それはそのままだと無神経さと表裏一体でもあります。

 

後者の人間関係の失敗のほとんどは「自分がどう見えているか(≠思われるか)」という視点の切り替えの意識がないことだと思われますが、その発想がないため、自分の失敗や怒られる理由がわからず苦悩している人も多いです

→参照;【保存版】前者後者って?(基本編)

 

他人視点ができていなくても、俯瞰ができると、社会生活での苦労が減ります。


また後者は自分の意識できてることだけを意識している上にそのことに自覚がないため、偏った判断や印象を持ちがちです。後者は自分の「死角」が想像できるようになると世界が一変します。

関連記事