前者後者コミュニテイ

概要

こんにちは、前者後者論ユニバーシティ学長のむかえです。

前者後者論は、人間には体の男女のように
「脳(意識)のOS」にも2つのタイプが存在している、という発見の話です。

その2タイプを「前者」「後者」と呼んでいます。
(ネーミング経緯は後述)

 

前者と後者では「機能」や「仕組み」が違うため
 「見えている世界が違う」というくらい物事の色んな前提が異なります。

可能性はさまざまですが出発点が違うのです。

「わかってもらえない」とか、「(あの人のように)できない」のは
努力や、才能や、愛情の過多以前に、そういう性質だからなのです。

 

それを知らないことで色んな人が
間違った「無理」「努力」をしていたり
相手のことや相手の行動を「誤解」していたり
不要な「劣等感」や「罪悪感」を持ってしまったり

そういうもったいない事例が世の中には溢れています。

前者後者の違いを知り、自分や他人の「なんでそうなるの?」がわかることで
みんながより生きやすくなることを目指しております。

 

ユニバーシティでは、

前者後者についての考察や日常的な知見、専門の現場を持つ方からの具体的な応用のフィードバックを、講座や記事としてシェアしていきます。

また前者後者論に関しての情報のプラットフォームとして
より広範の方からのご意見や、ご報告、質問をいただければと思います。

 

現時点で判明している大きな違いについてはトップベージにまとめてあります。
とはいえ、まだまだ叩き台の段階だと思っていますので、ご意見や疑問などはぜひお寄せください^^
視点の差
意識構造の差
脳内モニターの差
情報処理の違い
世界観の違い
前者・後者のテレパシー
後者の脳内タイプ

 

また体系だった説明としてはこちらもご参照ください。

【保存版】前者後者って?(基本編)
【保存版2】前者後者って?(機能編)
【保存版3】前者後者って?(世界観・コミュニケーション編)

 

前者後者論経緯


●2015年末  心屋仁之助さんが公式ブログ上に発表  ⇒「前者後者論」というネーミングが定着

■【永久保存版】大人になりたくてなれなかったひと、大人になりたくてなれてしまったひと(初出2015.11.16)
■【永久保存版・全体概要】前者・後者は世界を救う?! 前者後者ってなんだ? (まとめ版2016.4.7)

※「前者後者」という名称は、記事の中で「前者は・・・・、後者は・・・・」という一般的な使い方でそれぞれを説明していたら、いつの間にそれが「前者後者」という固定名称で定着しただけで、それ自体に意味はありません

 

●2016年始   ユニバーシティ学長のむかえが両者の根本的な仕組みの差として「視点の違い」を指摘

【拡散希望】後者による 「後者に何が起こってるのか/前者との決定的な違い」(2016.1.27)

その後、前者後者論自体は心屋仁之助さんはじめ心屋グループで引き続き話題として継承され、
「仕組み・成り立ち・応用」についての研究は、学長のむかえ他、現講師メンバー中心に独自に発展して今に至る。

 

心屋仁之助さんの前者後者関連書籍

『心屋仁之助のそれもすべて、神さまのはからい』(王様文庫) 
『心屋先生のお母さんが幸せになる子育て <子育ての呪い>が解ける魔法の本』(WAVE出版)
『心屋仁之助 最初で最後の講演録~人生を大逆転させるには』(かんき出版)

関連記事

ただいま記事を準備中です。