前者後者コミュニテイ

③脳内モニター

前者と後者では、それぞれの視界の差に応じて頭の中の情報処理の仕方も違います。

前者は分散システム方式 分割画面 マルチタスク

後者はメインシステム集中方式& 単画面 シングルタスク

という脳内構造を持っています。

 

前者

前者は監視カメラのモニター室のように、あるいは多次元中継のように、分割されたモニターで処理を行っています。個人差はあるようですが、今注目してるものが映るメインモニター+複数サブモニターのような構成が一般的のようです。

システムも分散しているので、それぞれに対し同時並行処理が自然体でできます。
(「得意」かどうかは人によります)
柔軟にシステムを変えることもできますし、どこか一つでエラーが出てもバックアップがすぐに効きます。

前者も1つに集中した方が当然「その対象」への処理効率は上がるのですが、モニターを1つに絞ること自体にパワーを使うため、あまり長い間持続できません。

集中力を発揮するのに人それぞれ工夫があるようです。
(干渉物の少ない閉じた場所を確保する、慣れ親しんだもので周りを囲む、儀式を行う・・・・)

 

操作方式はコマンド入力的に処理指示を出し取り扱うイメージです。
そのため行った処理手順は、再現性もあり、人にもロジカルに説明が可能です。

 

 

後者

後者は全てを「自分」という大容量のメインシステムひとつで取り扱っているイメージです。
認知視点も分散していませんので、自分の意識が照らしているものを「1モニター」で見ているイメージです。

メインシステムの容量の全てを一点投下可能なので、瞬発的な突破力や、長期的に何かを極めるのに有利な機能特性を持っています。

ただしシステム変更には時間と力がかかり影響も大きいので、変更には慎重です。
またシステムがひとつですので、何かあると「全面ストップ」状態になります

 

扱う情報量が大きいため画面を切り替える負荷が高く、細かい切り替えは苦手です。

並行処理は、元々システムが分かれていませんので「右手・左手・右足・左足を同時にバラバラに使うような訓練」が要ります。基本的には小手先のテクニックにあまり気を散らさず、シングルタスクの連続で処理を行う方が効率が良い方が多いと思われます。

 

「自分」と全てが直結しているため、自在に直観的な操作が利きます。そのかわり行った処理や操作が、そのままでは人に説明できないことが多く、再現性が弱いのが弱点です。

やったことの振り返りや手順に意識を持ち、説明の「型」のようなものを学ぶと、
その弱点がフォローされていきます。

関連記事

ただいま記事を準備中です。